ひなのんと愉快な仲間たちのブログです。

2007年の1月17日に当時3頭目のちばわん預かりっ子としてやってきた

ロッキー君。

当時は9歳位の、とてもとても遠慮がちで大人しい男の子でした。

img05b6864czikbzj.jpg



そんなロッキーくんが

19歳になった今年の2月15日に虹の橋を渡ったと
いぬ親さんのHさんよりご連絡いただきました。


ロッキー君は最初の飼い主から飼育放棄をされ

年配の女性に引き取られましたが

その女性が心の病にかかり、ロッキー君に対して
虐待に近い事をするよになってしまったそうで


ロッキー君の事を気にかけてくれた方がちばわんに相談し

すぐにその女性の元から保護され

さくらママさんと言う預かりボランティアさんを介して

ひなのん家に預かりっ子としてやってきた子です。

imgade6af55zikazj.jpg



2007年の1月29日に仮宿から卒業して

現在のいぬ親さんのHさんに引き取られたロッキー君は

Hさんの惜しみない愛情を一身に受け

みるみる美しい子に変わっていきました。


img10363761zikczj.jpg


愛情のこもった完全手作り食がロッキー君の毎日の食事で

19歳と長生きできたのは

ロッキーママさんの愛と努力の賜物でした。


インスタグラムで「今日のロッキーめし」と検索して見てください。

ロッキーめし
「Hさんに許可をいただいて掲載しています」



そこにはロッキーくんをただただ愛してくださった


そのかけがえのない日常が「ロッキーめし」に全て表れています。


imgfae07aeczikezj.jpg




「犬は仔犬から一緒に暮らさないと懐かない」

そんな声を今でも時折聞くことがあります。



当時9歳だったロッキーくんが19歳まで過ごしたその後の年月は



なにをどう長々説明するより

犬を家族として迎え、絆を育んでいくのに

子犬も老犬も

全然関係ないのだと、ロッキーくん自身が全てを語ってくれているかのようです。



rokki.jpg



安らかなお顔で「ロッキー」と声を掛けたら
今にも起きそうなお顔していますね。



ロッキー君が大好きだったママさんの手作り弁当。

荼毘に付す時も一緒に持たせたそうです。

ロッキーくんまたね


ロッキーくん
我が家にも短い期間だったけど、来てくれてありがとうね。

ママさんと出会えて、幸せな日々を過ごして

本当に良い犬生だったよね。



ロッキーくんの譲渡後間もなく天に召されたさくらママさんに

今頃再会できているかな。


Hさん
ロッキーくんを愛し続けてくださって

片時も離れずにロッキー君のそばで日々を過ごしてくださって

本当にありがとうございました。

心から感謝しております。


またロッキー君の武勇伝
聞かせてくださいね。

どうかお疲れが出ませんように・・。





ロッキーくん

享年19歳 

2017年 2月15日  永眠

ロッたんまたね



また会おうね!



スポンサーサイト
2017.03.06 / Top↑