ひなのんと愉快な仲間たちのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ご心配おかけしましたのんバアですが

一時は心臓が止まるかも・・と言うとこまで症状が進んでしまったのですが

なんとか意識が戻るとこまで回復しました。

回復という言葉が正解かどうかはわからないのですが

とりあえず“持ちこたえた”と言えると思います。


もうほとんど動けもしないのだけど

それでも食欲だけは衰えず、ご飯の用意が始まるとのキッチンまで這って来たりします。

精密検査の結果では、まず基礎疾患のクッシング症候群の症状が悪化していて

さらに元々悪かった肝臓の数値のさらなる悪化、電解質の乱れ、カリウムの不足(意識がもうろうとしていたのはこの為だそう)

入院し治療を続けるものの、なかなか改善が見られず

昨日自宅介護に切り替え、投薬治療を行いながら経過観察中です。


もし、悪化の一途を辿っていくようなら

延命治療よりも、苦しみを和らげる治療に専念したい。

そして極力病院ではなく家で過ごさせてあげたいと思います。

先日は苦しそうに呼吸を浅く行っていましたが

今は穏やかによく寝ています。

きっとまだしばらくは一緒に過ごせると思います。

DSC_0191.jpg




レオンくんとアリエルはとても元気にしています。

今日も近くの農道をたっぷり時間かけてお散歩しました。



レオンくん、今日の体重は5.57キロ。

DSC_0190.jpg

どうです!もうあばら骨が浮き出てないでしょ!!

散歩時の歩き方も力強く、疲れにくくなり、すごく頼もしくなりました。

癲癇発作らしき症状は頻繁に出てしまうので

やはり投薬は必要になると思います。


担当の先生に診ていただくため発作時の様子を撮影しました。

発作時間はやはり3分間ほど。

発作の時、抱きしめてあげたいのですが

発作時に意識があるレオンくんは私が触れると余計に発作がひどくなるようなので

頭をぶつけたりしないように気を付けながら、治まるまで見守るしかありません。


画像は「続き」にありますが、あくまでも先生に経過を報告するためのものですので

自己判断にてご覧ください。


発作の前に、いきなり私に飛びついて抱っこをせがみました。

発作の前兆を察知してパニックになったようです。

その直後始まった発作です。

最初の1分間↓




終わりかけの1分間↓





スポンサーサイト
2011.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hinanonn2525.blog78.fc2.com/tb.php/131-39a30eaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。