ひなのんと愉快な仲間たちのブログです。

ご存知の方も多いと思いますが

7月27日、ファンタというちばわん保護犬、(6歳)が安楽死の処遇となりました。

今まで一度も保護した犬の安楽死を行ったことのなかったちばわんが


その処置を行わなければいけなかったこと


大変驚き、衝撃を受けました。



今日の午前中に安楽死に至るまでの経緯、ファンタ君がどのような最後を迎えたのか


発表がありました。



センター側の取り違えも、それもご縁だったと

ちばわんに課せられた試練であったと個人的にはそう思います。





幸せな未来につなげられなかったこと、残念でなりません。



事実をとても重く受け止めています。





ファンタ君の生前の様子をなにも知らないことや

ファンタくんに関わるメンバーたちの苦悩を少しでも共に背負うことができなかったこと


7月27日を何も知らずいつもと変わらない一日を送っていたこと


自分で自分に腹が立ちます。




今まで応援してくださった方々の想いに答えられなかったことにも


メンバーの一員として心から深くお詫び申し上げます。




ファンタくんの冥福を祈るとともに


二度と同じことが繰り返されないよう

心に深く刻み決して忘れずにいたいと思います。





【ファンタについて】



スポンサーサイト
2012.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hinanonn2525.blog78.fc2.com/tb.php/262-5275ad19