ひなのんと愉快な仲間たちのブログです。

5月11日に他抑留所から、本所のセンターに移送されてきた親子。

仔犬たちはお母さんの足元でスヤスヤ眠っていました。

白い子犬1
まだこの時は授乳中でありましたし

撮影するだけに留め、「センターレポート」での紹介は控えました。




その翌週(5/19)に訪問した時、親子を撮影したのですが

今思えば、子犬達はあまり元気がなかったように思います。



立ち上がってる方の子犬、(頭にほんのり茶色模様)の方は
残念ながら23日(土)に亡くなってしまったそうです。

IMGP0439 (4)

可哀想に。。

大量の虫を口から吐き出したのだとか。

母犬の便からもすんごい数の回虫。


回虫ってそんなに強い寄生虫じゃないような気もしますが

やはり大量に寄生されてしまった場合、幼い子は耐えられないのでしょうね。




便から出る虫が、口から出てきてしまうほど

小さな体の中に大量に寄生していたなんて。
どんなにか苦しかったことでしょう。


この親子。

いったいどんな生活をしていたのか。






26日訪問時には残った一頭の子犬ちゃんも

少し元気がないように見え

歯茎は色がなく、明らかに貧血を起こしているように見受けられました。

白い子犬3



なので、ちばわんのメンバーとセンター職員さんと相談の上

急遽病院へと連れていくため引き出し犬の中に加えてもらいました。



白い子犬4


その日のうちに点滴をしてもらい

そのまま家に連れて帰り、経過観察となりました。



家について、ハウスの中に入れたら

疲れていたのか、緊張から解放されたのか

グッスリ眠りはじめ

白い子犬さん7


可愛い寝顔でひたすら寝て

白い子犬さん





「あー、良く寝たでち~」

白い子犬さん3





「ここはどこでちか?」

白い子犬さん6


元気にお目覚め。


翌日にしたウンPは正常で一安心。

センターで駆虫を済ませてくれていたからですね。



思ったより元気もあり


いい意味で予想が外れて良かったかも

と、思っていましたが


この子、かなり食が細く

離乳食はおろか、犬用粉ミルクもほとんど舐める程度しか受け付けてくれません。


この時期の子犬は毎日体重が増えてもおかしくないほど

良く食べるものだと思っていたのですが・・。



今は数時間おきにほんのちょっとずつ、なんとかミルク粥を飲ませている状態です。

でも元気はあり、毎朝ウンPも形あるものをしてくれているので

通院しながらもう少し様子を見たいと思います。




ちなみに母さんワンコはコチラに行きました(^^)→「BIAhouse♥」
白い子犬2
Hさん、お母ちゃんをよろしくお願いします!




子犬ちゃんのイタズラ動画。

めがね食わんでいいから飯を食え。






スポンサーサイト
2015.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hinanonn2525.blog78.fc2.com/tb.php/494-03cd7012